マイナビ2018

会社案内

工場見学

地産地証

立山本店の工場見学

お客様に安心して召し上がっていただく目的で、立山工場では工場見学をお受けしております。工場見学では、せんべいの製造工程をご覧いただけます。(所要時間約30分)
ご予約なしで自由に見学通路よりご覧いただけますが、ご案内、説明その他ご要望がある場合や、団体バス等のお客様はご予約をおすすめいたします。
ご家族、ご友人などグループでお立ちより頂き、当社の地産地証への取組みをご体験下さい。ぜひ皆様のお越しをお待ち申し上げます。

工場見学お問合せ・お申込みは
  • ささら屋立山本店
  • TEL:076-463-6011
  • 元旦以外
  • 土・日・祝日は、工場休業のため製造ラインは稼働していませんが見学用通路からはご覧になれます。
    (繁忙期など、工場の都合で予約をお受けできない場合もあります。)
  • 見学可能時間 9:00~17:00

※10名以上の団体様はご予約をお願いします 立山工場見学・手焼き体験の申込はこちら

福光本店手焼き体験

「せんべい」「かきもち」をご自身で焼き上げてみませんか。
手焼き体験の時間の目安は10分程度です。料金は1名様200円(生地8枚)となります。
ご家族、ご友人などグループでワイワイ焼きながら焼きたてを召しあがってみてください。
10名以上の団体様は予約をお願いいたします。

せんべい手焼き体験
せんべい手焼き体験
  • 開館時間
  • 午前9時~午後5時
  • 休館日
  • 1月1日
  • 料金
  • 200円(生地8枚)
  • 所要時間
  • 10分程度(人数で異なります)
事前のご予約も承ります。ご予約のお客様を優先させていただきます。
団体(10名以上)のお客様は、事前にご予約をお願いします。
手焼き体験のお問合せ・お申込みは
  • ささら屋福光本店
  • TEL:0763-52-6785
  • 元旦以外 9:00~17:00

※10名以上の団体様はご予約をお願いします 福光本店手焼き体験の申し込みはこちら

生地棟での工程

見学通路
見学通路は製造ライン全体を見下ろせるように2階に設けられています。
米の解説コーナー
原料となる米の解説コーナーです。
「団子」にするまで
うるち米は洗米後、水分を浸透させてから製粉機にかけます。
粉砕した米の粉は蒸しながら練り上げられます。
この状態を「団子」と呼びます。
冷却槽
蒸しあがった団子はベルトコンベア状の冷却槽を通り、適温に調製され、次の工程に流れていきます。
「団子」にするまで
団子に富山湾で捕れたシロエビの粉末やごまなどの副原料を混ぜ合わせます。
冷却槽
副原料を混ぜた団子をローラーで平たく延ばします。
大型乾燥機
薄く延ばした生地から型抜きされた丸いせんべいが、
全長85m、幅2mの大型乾燥機へ運ばれていきます。
乾燥機の大きさをたとえると、
2階建て新幹線「MAXとき」の2輌分です。

焙煎棟での工程

整列機
焙焼ラインに入る前に整列機できれいに並べられます。回転ドラムに設置された9本の管が生地を一瞬で吸い上げて並べます。
1分間に300枚以上整列させることができます。
遠赤外線の熱を利用した釜
遠赤外線の熱を利用した釜の中で、焼き目が均一になるように200度以上で、約3分間焼きあげます。
味付けミキサー
開口部が八角形の窯のような形をした機械は、味付けミキサーです。それぞれの商品ごとに調合した調味料を入れて、回転させながらせんべいに味付けをします。
包装室
せんべいの味や風味を損なわないように、包装室内は温度20~27℃、湿度30~50%に設定、管理されています。

ページの先頭へ戻る