マイナビ2018

会社案内

地域に根差して

日の出屋製菓産業の直営自社農場「結ふぁーむ」

日の出屋製菓本社から車で南へ約10分ほどの距離にある南砺市の立野原(たてのがはら)。
医王山などの山々に囲まれ眼下には砺波平野の散居村が点在する眺望がとても良い丘陵地帯に、特産品の干柿用の柿畑やいちごの果樹園などが点在しています。

日の出屋製菓産業では新しい取組みとして直営自社農場「結ふぁーむ」を、この立野原台地で2010年春よりスタートさせました。

立野原

自然循環型企業を目指して

当社では原料米を自社工場内で精米しており、その際に出る米糠(ぬか)にEM菌を混ぜて加工する米糠ボカシ肥料づくりを以前より自社工場内で行ってきました。
地元の農家の方々にこの米糠ボカシ肥料をお配りしたところ、化学肥料より安全で美味しい作物ができると好評でした。

お米を精米して出来た米糠を肥料にして、またお米が生産される。
このような環境にやさしい自然循環型企業のモデルケースを目指したいと当社は願っています。

米糠ボカシ肥料づくりの様子

米糠の肥料からお米を生産

地産地証と農業参入

この他にも毎年農作業体験イベントを開催するなど、当社は原料米の仕入れ以外にもさまざまな面で農業との幅広いつながりを持っており、企業活動を通して地産地消を積極的に実践しています。

そのような中から生まれた考え方が地産地証と呼ばれるスローガン。
この地産地証をさらに推進するために、原料の生産自体を自社で行うという目標を掲げ、農業へ進出することにしたのです。

結ふぁーむ

農業への取組み

露地栽培では、アスパラ・さつまいも・生姜(ショウガ)などを生産、ビニールハウスではトマトやキュウリ・白菜・キャベツ・ブロッコリー・小松菜などを生産しています。
これらの野菜は採れたての状態で、直営店のささら屋店舗内で販売されます。また、さつまいもは毎年秋の工場祭の際に芋掘りイベントを行い、多くの皆様に好評です。
生姜は副材料として商品に使用していますので、是非ご賞味ください。

さつまいも堀りイベント

日の出屋製菓 農事業概要

場 所

立野原西台大地

面 積

76a

肥 料

米ぬかボカシ肥料 他

栽 培

【露地栽培】

アスパラ 生姜 さつまいも とうがらし

【ハウス栽培】

スイカ 甘瓜 キュウリ トマト キャベツ 白菜
ブロッコリー 小松菜 他

しょうが畑結ふぁーむ製しょうがを使った商品
結ふぁーむの野菜
結いの精神

「結いファーム」のネーミングの由来となった「結い」とは、南砺市五箇山にある地域共同体のことを指します。
集落の人々がお互いに助けあう相互扶助の集まりで、合掌造りの茅葺き屋根のふき替え作業など、人出が必要な作業を住民が総出で行ってきました。

五箇山菅沼地区の合掌造り集落

また「結いする」というこの地方の方言がありますが、これは農作業をするという意味です。
「結ふぁーむ」も同じように農業を通じて多くの人々が交流できる共同体を目指しています。

茅葺き屋根のふき替え作業

ページの先頭へ戻る